チャートの要!レジスタンス・サポートの見つけ方

まずチャートのどこから見る?

1.一番遠い月足と週足を表示してみましょう

スポンサーリンク

画像は週足です。

なんとな~くでいいんです。

横ばいなのが確認できますね。

一応上と下で何度もぶつかっているところにラインを引いてみました。

日足を分析します

日足で黄色ラインを追加してみました。

何度も停められている場所がキリの良い14〇.〇〇円 で停められているのがわかりますか?

次は4Hを分析してみましょう

ブルーが週足

イエローが日足

長期足のラインが非常に重要になり、値動きがこの近辺に来たときは、或いは転換する際に分岐点となることが多いです。

ダマシも少なく、上位足ラインまで引き付けてから待ってトレードするとリスクが減ります。

もっと積極的にトレードをしたい!という場合は、このように4Hで更に間に停まった場所へラインを引いてみます。ピンクラインがそうです。

上位足での売買の実際

ちょっといびつでですが。。

いきなりライン抜けで入るのではなく、

エントリーはN字を意識して入ってみてください。

ラインで一度もぐって、またもどってきますから、跳ね返りを確認してはいります。

これは短期足の5分、15分でも同じです。

ローソク足は上下を繰り返して上昇、下降していきます。

N字を意識してエントリーする理由は、

・ダマシが少ない

・含み損を抱えることがない

というメリットがあります。

相場に絶対はありません。

上位足ですと含み損を抱えて、ヒヤヒヤしながら待ち続ける

たくさんご自身でもシュミレーションしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク